風水で仕事運アップ

誰でも仕事のスランプはある

仕事をしている中で、誰もが一度はスランプに陥ったことがあるものです。
スランプになると、何をやってもうまくいかなかったり思っているような成果が出なかったり、上司から怒られる頻度が上がったりと嫌なことばかりが続いてしまいます。

このような時、多くの人は抜け出すためになんとかしようと、仕事を頑張ろうとするものです。
しかし、実際にはなんとか抜け出そうと頑張れば頑張るほど空回りしてしまい思うように結果が出ないということも多々あります。

そこで、少し気分転換をすることがオススメです。
特に、日頃興味を持って取り組まないような風水にチャレンジして見るというのはとてもオススメです。

風水は環境学であるため、風水にならってアクションをとってみると気の流れが変わるとされています。
「こんなものやったからといって変わることはないだろう」とはなからバカにするのではなく、とりあえず何か試しに行動をしてみましょう。
それだけで気持ちにも変化が起きて負のスパイラルから脱却できることもあります。

まずは玄関の掃除から

仕事が忙しく、特にスランプに陥るととにかく仕事をしようと思い、家にはただ眠るために帰ってきてしまうという人も多いです。
そのような状態になるとどんどんと家が汚くなり、生活も荒んでしまいます。
これが負のスパイラルの原因の一つでもあります。

風水の中でよく言われるのが玄関はすべての気の入り口であるということです。
玄関が汚ければ入ってくる気が暗い陰湿なものばかりになり、悪循環が起きるのです。
そこで、流れを変えるために玄関掃除をするのです。

玄関を明るく清潔な場所にすると、家に帰ってきて気持ちが良いことに気づきます。
家を出るときも明るく清潔であるために、頑張ろうと前向きな気持ちを起こせるようになるのです。
このように自分自身の気持ちも変わりますし、気の流れも変わりますから、自然と状況が好転するようになるのです。

疲れを取るために良質な睡眠環境を作る

やはり仕事が辛い時には眠りも浅くなりがちですし、寝てもなかなか疲れが取れないということが増えます。
そこで、睡眠の質が高まるだけでも疲れが取れたり頭の中がスッキリしたりして仕事がはかどったり新たなアイデアが浮かんだりするようになるものです。

睡眠をよく取るためには寝室を風水で整えることが有効です。
特に寝ている間に運気の入れ替えをすると言われているので良い環境を作ってあげれば疲れが取れるだけでなく良い気を取り込んで状況を好転することができるのです。

寝る際に、気の流れが北から南であるために、寝る向きも頭を北にするようにしましょう。
北枕にすることで頭が冷静になりますし、睡眠の質を高めることができます。
また、清潔な枕カバーやシーツでなければ悪い気がたまるので、3日に1度は交換することができれば理想的です。