ペットと暮らせるインテリア

ペットと暮らす生活

最近ではペットブームの影響もあり、家庭でペットを飼育している人が増えています。
昔は子供のいる家庭を中心として複数名で構成される家庭でペットを飼うものであると考えられていました。

しかし、最近では若い人の一人暮らしでもペットを飼っているという人が増えています。
小型犬をはじめとしてマンションやアパートでも飼育できるペットが増えていること、爬虫類やハリネズミ、ハムスターといった手のかからないペットも増えているのが理由としてあげられます。

しかし、ペットと生活するというのは決して簡単なことではありません。
特に犬や猫を飼う場合には犬や猫にとっても生活しやすいように配慮をすることが必要です。
そこで、ここでは犬や猫にとって生活をしやすい家の作り方を紹介していきます。

犬にとって生活しやすい家の作り方

犬は群れをなすこと、リーダーに従って生活することが特性としてあります。
忠誠心が高く人間に従順になつくことから、可愛いと感じる人も多いですし、犬に癒されるという人も多いです。

このような習性から、犬は家族の一員としてくつろげる場所を欲するものです。
特に自分の場所という決められた場所があることを好むので、ラグや犬用のクッションといったもので特定の居場所を決めてあげるようにしましょう。
そういった場所を設けることによって、自分のいる場所があるという安心感も持てますし、いたずらをすることもなくなります。

また、トイレについてはきちんと場所を決めればそこで行うことができます。
トイレについてはトイレトレーニングの間は場所を覚えず粗相をすることもありますが、根気強く教えればほとんどの犬がきちんと自分の場所でトイレができるようになりますから諦めず繰り返し伝えるようにしましょう。

猫にとって生活しやすい家の作り方

猫は寒いのが苦手です。
特に冬場はきちんとあったかく過ごせる場所を作ってあげることが必要になります。
毛布を置いておいたり、猫用のクッションを置いておいたりするだけでは寒くて辛い思いをしてしまうこともあるので、温度管理はきちんと配慮をしてあげましょう。

特に、最近では猫用ヒーターや猫用コタツといったものが販売されています。
猫が丸まって寝ることができるスペースだけを温めることができるので、床暖房や暖房を入れて出かけるよりも経済的で便利です。

また、犬と猫に共通することとして爪でソファーを掘ることがあります。
布製の場合は破られてしまうこともあるので、ソファーで爪を研がないようにしつけをしたり、猫の場合には爪研ぎを用意したりするのも有効です。
また、ソファーにカバーとなる布をかけたり、皮や電車の椅子のような破れにくい素材にするのも一つの方法です。