物件を探すコツ(ルームシェア編)

roomshare

最近人気の暮らし方

住環境探しをする中で、最近はルームシェアという選択肢も増えてきました。
学生の時期などは、家賃の出費を抑えることもできます。
楽しい生活という意味でも、一人で暮らさないことでいろいろと刺激を受けることも出てくるでしょう。

その反面で、ルームシェア独特の問題もあります。
プライベートな空間の維持はどうするのか、セキュリティ的な問題もあるでしょう。
こうした問題を何とかなると考えるのではなく、事前に明確にしていくことが、ルームシェアで失敗しないためのポイントになるのです。

プライベート空間の確保が命

ルームシェアは、ひとつの物件を複数で使います。
物件を探すにあたって、生活する空間ということがポイントになってくるのです。

どんなに仲が良くても、まったくプライベートがなくなるような状況では、暮らしていくことはできないでしょう。
たとえば、寝室が同じ場所になってしまう様では、やはり苦しいものになってきます。
そこで、間取りはお互いのプライベートが確保できるかどうかが重要なのです。

プライベートを確保するということは、セキュリティ的な意味合いもあります。
どうしても触ってほしくないものや、現金などの資産を保管できるかどうかは、ルームシェアにとって外すことができない問題です。
こうした部分を甘く見ると、生活は破綻をきたすため、人数分の部屋が確保できるようにすることは最低条件であるといえるでしょう。

どれぐらいの期間暮らすのか

どれぐらいの期間ルームシェアするのかということも重要です。
短期間であれば、できるだけ費用を減らしたいところでしょう。
家賃が割高であっても、ゼロゼロ物件のように初期費用が少ないほうが得をします。

もっと長期で生活をすることを考えるのであれば、家賃自体が安い物件がいいでしょう。
生活の負担を下げることができますので、生活は格段にしやすくなるからです。

条件としては、生活するメンバーすべてが納得できるものであることが必要となります。
だれかが割を食うような条件となると、どうしても生活に負担がかかり、破たんしてしまうでしょう。
台所などのシェアの問題などもあり、収納スペースがあるかどうかといったことも考えていかなければいけません。

条件をはっきりさせ、優先順位を考えることは、ルームシェアにおいても重要です。
物件探しも楽になりますし、不満の少ない物件を見つけることができるようになるでしょう。