お勧め・観葉植物の選び方

kanyou

部屋に安らぎを与える

部屋に植物を置くというのは、緑の色が入ることになり落ち着いた雰囲気を作り出せるようになります。
インテリアの基本として、人工的に作られたものばかりになってしまうため、自然の植物をおくことで柔らかさも作り出せるのです。
精神的な余裕も作ることができるでしょう。

人間は色によって受ける影響があります。
緑色は安らぎを与えてくれるため、リラックスした気分になれます。

さらに、空気の洗浄ということでも植物をおくことが重要です。
植物は、人間が出した二酸化炭素をきれいな空気にしてくれます。
観葉植物の中でも育てやすいものを置くだけでも、かなり違いがあります。

どこにどんな植物を置けるのか

まずは、どんな植物をおくことができるのかを考えましょう。
窓際に置くのであれば、日差しに強い植物にしなければいけません。
日当たりが悪いのであれば、寒さにも強い植物にする必要があるでしょう。

お手入れの問題もあります。
植物は生きていますので、水を上げなければいけません。
葉っぱに誇りがたまると、呼吸ができなくなってしまうため、定期的に拭くということも必要になります。

あまり手を掛けられないような人には、葉の小さなものがいいでしょう。
こうしたイメージがあると、選別しやすくなります。

寒さに強いか光が必要か

簡単に育てることができ、暑さにも寒さにも強い植物がアイビーです。
上に育つというより、横に広がっていく植物で手入れも簡単にできます。
たれ下げるといった育て方が向いていますが、適当な長さに切って水に差すだけでも育てることができるたくましさも持っているのです。

観葉植物ということでは、パキラもいいでしょう。
育てやすい植物で、縁起もいい樹木として知られているため、引っ越し祝いや開店祝いなどでも贈られることがあります。
基本として明るい場所を好みますが、少々暗くても育ってくれる強さもありあります。

注意点としては、見た目にいい斑入りの品種は控えたほうがいいでしょう。
生育力が弱く、管理を怠ると弱ってしまいます。
接ぎ木になっていることもありますので、初心者には向きません。

古くから精霊が宿るといわれているガジュマルも育てやすい植物でしょう。
5度程度の温度を維持することができれば、簡単に育てられます。
日光を好む植物のため、できるだけ日当たりのいいところにおいてあげましょう。

乾燥を嫌い、湿度を好むため、冬を除いてできるだけ水を上げます。
霧吹きを使って葉に水を上げることも大切です。
水が足りなくなると枯れてしまいますので、欠かさないようにしてあげましょう。

多肉植物などは女性からの人気が高いです。
丸みのあるフォルムのものが多く、親しみやすいといえます。
サボテンも多肉植物にあたり、水やりの頻度が少なくて良いことから育てやすい植物です。
うまく育てることで花を咲かせるものもあるため、是非トライしてみましょう。