泥棒に狙われにくい家づくり

空き巣は下見を入念に行う

近年に至るまで減ることが無い空き巣被害。
場所によっても異なりますが、年々増加傾向にあるような地域もありますので、日頃から防犯対策を行うことが大切です。

そもそも空き巣被害というものは、通りすがりの犯行というものがほとんどありません。
ケースバイケースでは有りますが、基本的には、入念に下見が行われ、家主がいない時間帯、周囲から人気が減るような時間帯を細かくチェックし、犯行が行われます。
人がいない時間帯のみならず、家族構成や、人の出入り、周囲の構造なども細かく下見を行い、入りやすい家をピックアップした状態で犯行に及ぶという、非常に計画的な犯人が多いのが現状です。

このように、下見の段階で目をつけられる物件には、いくつかの共通点があります。
出かける時間帯が決まって同じという点を始め、犯行に及びやすそうな家の作り、防犯対策をしていないような一般家庭が、狙われやすい傾向にあるでしょう。
空き巣に狙われない家づくりをする事が、空き巣被害から身を守る為に大切なポイントです。

空き巣被害に遭いにくい家づくりをするには?

空き巣被害に遭いにくい家づくりをする為にはまず、日頃の防犯対策を徹底して行う事が重要になります。
例えば、防犯カメラや家の中で音が出たり、照明が自動で付くような照明設備、更に、セキュリティ会社への登録なども、効果があるでしょう。
こうした対策をしている家かどうか、そうでは無いかどうかだけでも、空き巣に目をつけられにくくなるのです。

また、日頃からお出掛けのスケジュールをずらせるような場合は、日によって出来るだけ、出かける時間帯をずらすようにする事も1つのポイントになります。
家主のスケジュールが読みづらくなり、チェックの手間がかかる分、空き巣に入られにくくなる傾向にあるのです。

更に、出かける時に、外に聞こえるように、いってきますと伝えるだけでも、近くにいる空き巣にとっては効果てきめん。
家族構成が読みづらくなり、空き巣被害に遭いにくくなるでしょう。

防犯対策はこまめに点検を

防犯カメラ等を始め、ちょっとしたシステムや設備を使った防犯対策を行う際には、日頃からこまめに点検をする事が大切です。
こまめに点検を行わないと、いざというときに役に立たない可能性があります。
防犯カメラ類など、自分で設置をするタイプの設備の場合は特に、こまめに点検をして、きちんと動作しているかどうかを確認した上で、設置をする事が大切です。

こうした点検をしている姿も、空き巣に入られにくくなるポイントになります。
空き巣にとって、防犯対策を積極的に行っている家として映るため、出来るだけ避けられるようになるのです。