注文住宅を建てる際の流れ

chumon

自分好みの家をつくる

マイホームを持つということは、だれもが一度は抱く夢でしょう。
その中で、思った通りの形を実現するためには、注文住宅にするのがポイントです。
建売住宅は、手早く便利ではありますが、自由度という面ではかなり制限されてしまうでしょう。

ですが、注文住宅となると、いったいどんなことをするのか、どんな点に気を付けていかなければいけないのか、考え直す必要があるのです。
資金力の問題も影響しますので、一度明確に考えてみることが必要です。

予算を明確にしていく

注文住宅でいろいろと実現したいとするのであれば、いったいいくら使えるのかを考えなければいけません。
資金がなければ、いくら夢があっても実現は不可能です。
シミュレーションできるサイトなども利用して、本当にいくらまで使えるのかをはっきりと認識しましょう。

次にそのお金のうち、家を作るのに使えるお金はいくらなのかを考えます。
いろいろな経費が必要となるため、家に掛けられるお金と作るのに使えるお金は異なるからです。

注文住宅の場合、土地も購入しなければいけないため、この費用バランスも考えましょう。
どちらを重視するかによっても違いが出るからです。
ただし、総費用から土地の購入代金を引いた残りが全部回せるわけではないということも理解しておかなければいけません。

建ててくれるところは理想の実現と相性のいいところへ

予算が出てきたら、土地と建ててくれるとことを探しましょう。
土地があっても、ぎりぎりまで建てられるわけではなく、いろいろな基準が存在します。
素人では難しいこともたくさんあるため、下記のような専門家に依頼してみるのも方法です。
>>http://www.mok-house.com/

チェックしなければいけないのが、広さである建ぺい率と容積率、日当たりを考える日照、土地の形、出入りできる道路の存在となります。
この条件を考えながら、本当にどんな家が建てられるのかを考えていくことになるのです。

この時には、建築会社や設計事務所に希望や意見を話している段階でしょう。
パートナー選びは重要ですが、何よりも自分の話を聞いてくれて、その希望に対して提案をするところを選ぶことが大切です。

担当者との相性もありますので、よく話をすることが必要となります。
見積もりなどを作成してもらうことになりますが、依頼内容が反映されているのか、予算を含めて検討しましょう。
あまりにもかけ離れたことを言ってくるような担当は、早めに見切りをつけてしまうことも必要です。

理想を実現するためには、妥協はいりません。
ですが、予算という制約がある以上、どこで線引きをするのかが重要ですので、絶対にひけない点を決め、優先順位をつけておくことが重要です。